意外に違う?駅からの表示距離と体感距離!

駅のそばに山があるケースもあり

日本全国の鉄道路線とは大半が平地や山岳地帯の中の盆地を通っており、標高1000mを超えるような駅はほとんど存在しません。ただし、盆地の端を鉄道が通っていて、駅の北口・南口、もしくは東口・西口そばに山がそびえたっているケースや丘陵地帯があるケースは少なくありません。そして、もし「駅から300m」という宣伝文句で売り出している物件が存在するとしても、駅からひたすら登り坂が続くような場合は10分以上の時間がかかる恐れがあります。また、駅から急な上り坂が延々と続くような物件に住んでしまうと、朝に家を出る場合は下り坂のため、そんなに大変さはありません。しかし、帰りは毎日登り坂を歩いて帰るとなると、それが憂鬱になって短期間のうちに再び引っ越す要因にもなりうるため、駅の近くの地形に関しては要チェックです。

直線距離表示などにも注意

どんな駅から距離的には近い物件があっても、例えば北口にしか出入り口がない駅の南口そばに物件があっても駅からの近さを享受できません。しかし、そういった物件に宣伝材料で「駅まで50m」と書いてある場合、確かに嘘の情報ではないものの、北口の出入り口からは徒歩10分かかかるような可能性もあります。また、駅から曲がりくねった道が続くものの直線距離は500mである場合、「駅からわずか500m」という宣伝文句も嘘にはなりません。しかし、実際に住んでみたら駅から物件まで直線的に歩けずに駅から500mでも徒歩15分以上かかる例も存在します。そのため、宣伝文句に惑わされず、内見の際は駅から最短ルートを歩くと何分かかるか確かめてみる事をおすすめします。

釧路の賃貸家賃相場はエリアによっても異なりますが、1K・1DKで4万円台、3LDK~4LDKでも6万円台くらいで探すことができます。

© Copyright Rental Housing Guide. All Rights Reserved.