家賃や初期費用は交渉可能!

交渉しやすい家主の特徴

一般的に家賃や初期費用は交渉できないと考えている人が多いようですが、実際はどんな賃貸物件であっても値下げ交渉は必ずできます。ただし確実に値下げができるというわけではなく、家主次第というところもあります。
例えば5万円の家賃であれば、まず3千円から値下げ交渉を開始し、最終的に2千円程度安くなってくれれば十分交渉成功と言えるでしょう。7~8万円の家賃だったら、3千円ほど安くできれば御の字ですね。
家主がご年配である場合、家賃の値下げ交渉に応じてもらえないこともあります。料金に関してシビアな考えの人が比較的多いからです。逆に若い家主だと柔軟な対応を期待できる可能性が高いので、思い切って交渉を持ちかけてみるべきでしょう。

交渉すべき初期費用とは?

初期費用の中に礼金と敷金がありますが、交渉するべきなのは礼金の方です。物件を大切に使っていることが前提ですが、敷金は退去する際に戻ってくるものです。一方で礼金は一切返ってこないので、交渉して値下げを要求しましょう。
ただし礼金が少なすぎると、家主の心象がとことん悪くなるので注意が必要です。値下げ交渉するにしても、その後の関係を考慮して慎重に話し合うことが重要です。
また、ネットで物件探しを行った場合でも、仲介手数料をがっぽり取られてしまうことがあります。本来は仲介業者が物件を探し出した対価として支払うものであり、自分で見つけたのであれば大金を渡す必要性はありません。せめて半額にならないかと交渉してみましょう。

© Copyright Rental Housing Guide. All Rights Reserved.