お部屋の内見で押さえておきたいポイント!

隣人問題を考えてみる

ワンルームなどの狭い賃貸物件に関しては、意外と騒音問題などの隣人トラブルが原因で転居に至るケースが多い事で知られます。そして、例えば隣に騒音問題など気にせずに周囲に迷惑をかけながら暮らしている人がいたとすると、短い期間にて再び引っ越す事になる事も考えられます。そのため、隣の部屋のベランダや玄関周りなどを分析してみて、明らかにマナーの悪そうな人物だと感じるような場合は、その部屋は諦めて別の部屋を探すほうが無難と言えます。また、壁が薄すぎると自分の部屋からの騒音が隣人トラブルにつながる恐れがあるため、内見をした際に壁を軽く叩いてみて頑丈さを確かめてみるのも大事です。その他、内見時に隣の部屋の人が室内にいる場合は隣の生活音が聞こえてこないかチェックしてみる必要もあります。

その他の主なチェックポイント

室内の風呂内に洗濯物の室内乾燥機が用意されていない場合、短時間で乾かしたいとなるとベランダに干して乾かすしかありません。そのため、内見をする際はベランダの陽当たり良好度を細かく分析してしてみる事が大事です。また、電子ピアノなどの幅が広い機器・家電等を置きたい場合は、メジャーをもってきて置けるスペースがあるかどうか計ってみるのも大事になってきます。トイレについては、トイレが詰まって使用不能になったら大変なため、必ず水を流してみて水の勢いをチェックしてみましょう。続いて防犯面では、古い時期に建てられた家の鍵とは泥棒の手にかかれば簡単に開錠されてしまうため、鍵が単純な作りとなっていて不安な場合はその部屋は諦めるほうがおすすめです。その他、郊外に住む場合において部屋にWiFi環境を作らずに携帯電話の通信網を利用してスマホ操作する予定の際は、電波の強弱も要チェック事項と言えます。

© Copyright Rental Housing Guide. All Rights Reserved.